top of page

NEWS

2023.12.03.up

oguri_omote.jpg
oguri_ura.jpg

山上優 出演情報

Project Nyx 第27回公演「小栗判官と照手姫」

作:白石征

演出:金守珍

構成:水嶋カンナ

●出演

水嶋カンナ
寺田結美
森岡朋奈
のぐち和美
山﨑美貴
山上優
小谷佳加
禿恵
浜田えり子
染谷知里
本間美彩
河西茉祐
山田のぞみ
三輪桂古
南蔵院瑠璃
手塚日菜子
月岡ゆめ

津軽三味線・歌:駒田早代
人形遣い:百鬼ゆめひな

 

スケジュール

2月8日[木] 19:00
2月9日[金] 14:00 ★
2月10日[土] 14:00/ 19:00 ★
2月11日[日] 14:00
2月12日[月] 14:00/ 19:00
2月13日[火] 14:00/ 19:00
2月14日[水] 14:00

 

※受付開始:開演45分前 開場:開演30分前
※★:アフタートークあり

 

-ゲスト- 
9日(金)14時の回:水嶋カンナ 寺田結美 森岡朋奈 染谷知里 金守珍
10日(土)19時の回:のぐち和美 山﨑美貴 山上優 小谷佳加 金守珍

会場

下北沢 ザ・スズナリ

〒155-0031
東京都世田谷区北沢1-45-15

電話:03(3469)0511

 

チケット料金

【全席指定】
前売 ¥5,000 / 当日 ¥5,500
U25 ¥2,500 ※枚数限定 当日要証明証提示

チケット発売開始

2023年12月21日(木) 11:00~

チケット取扱

Project Nyx
チケットぴあ

カンフェティ
電話:0120-240-540 (平日10:00~18:00)

 

お問い合わせ

Project Nyx
電話:03-5799-7404
公演に関するお問い合わせ:projectnyxoffice@gmail.com
チケットに関するお問い合わせ:stage.contact55@gmail.com

「L. G. (ロリエ・ゴードロ)が目覚めた夜」戯曲リーディングに先立ち、この戯曲の作者である、ミシェル・マルク・ブシャールさんからメッセージをいただきました!

是非とも皆さん、ご覧いただき、公演に足をお運びください。

2023.11.14.up

S__3966643_0.jpg
S__3966641_0.jpg

山上優 翻訳・演出作品情報

『L. G.が目覚めた夜』~ロリエ・ゴードロが目覚めた夜~

リーディング公演

Plays 4 GENDER 企画第一弾 カナダ・ケベック篇
【「ジェンダー」をテーマとする海外新作戯曲紹介 カナダ・ケベック篇】

作:ミシェル・マルク・ブシャール
翻訳・演出:山上優
音楽・演奏:笠松泰洋
企画・運営:国際演劇協会日本センター 戯曲翻訳部会

出演
松熊つる松(劇団青年座)
一谷真由美(演劇集団 円)
尾身美詞(劇団青年座)
谷畑聡(劇団AUN)
坂本岳大
玉置祐也(演劇集団 円)

 

●作品について
タナトプラクター(死体保存処理の専門家)となったミレイユが、母の死を機に30年ぶりにケベック郊外の故郷に戻って来る。再会する兄弟たち。次第に明かされる家族の秘密。隠されなければならなかったものとは何か?家族の傷を緊張の中で解いていくサスペンスドラマ。

初演は、2019年5月 テアトル・ヌーヴォーモンド(モントリオール)。
「家族」、「地域」、「ジェンダー」を主題とする、カナダ、ケベック州の新感覚の現代作品。私たちの日本社会においても共感する問題意識を提起し、ケベック作品の持つ、鋭く新鮮な感覚が特徴的な作品。同作は、人気映画監督でありケベック出身の俳優、グザヴィエ・ドランによりテレビドラマ化され(2022)、日本でも今年から「ロリエ・ゴドローと、あの夜のこと」というタイトルでBS10スターチャンネルによって独占配信されている。
今回のリーディング公演は劇場上演、オリジナル戯曲の日本初演となる。

家族の心の中に埋もれた緊張や秘密を鋭く観察するミシェル・マルク・ブシャールは、過去によって傷ついた登場人物の回想や心境に彩られた、力強い新作を書き上げた。(エディションテアトラル批評)

●作家について

ミシェル・マルク・ブシャール(Michel Marc Bouchard)
現代カナダ演劇界を代表する劇作家 1958年 カナダ、ケベック州生まれ。オンタリオ州 オタワ大学で演劇を学び、卒業後、舞台俳優および劇作家として活動。1987年モントリオール・ジャーナル賞、文学サークル優秀賞受賞。『Lilies』でドラ・メイヴァー・ムーア賞とシャルマー賞を受賞。代表作となったこの戯曲は多数の言語に翻訳され、日本でも上演された。本人が脚本を担当しジョン・グレイソン監督によって映画化(邦題『百合の伝説 シモンとヴァリエ』1996)された。
戯曲『Tom à la ferme』(英題 Tom at the farm)米国ラムダ文学賞ほか数々の賞に輝き2013年映画化。ベネチア国際映画祭国際批評家連盟賞受賞(グザヴィエ・ドラン監督によるサイコ・サスペンス)
モントリオールの歴史を映像で製作し街中に投影するプロジェクト(音楽と詩の朗読など芸術性の高いプロジェクションマッピング)<シテ メモワール>の中心的アーティストでもある。

●公演日時
2023年11月21・22・23・24日 全6ステージ

 

タイムテーブル
21日(火)18:30
22日(水)14:00 */ 18:00
23日(木・祝)18:00
24日(金)13:00* / 18:00
*22日(水)と24日(金)のマチネ公演終了後、アフタートークあり

●会場

Tokyo concerts lab. トーキョーコンサーツ・ラボ

〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18
東京メトロ東西線「早稲田駅」下車徒歩6分

(2・3b出口より穴八幡神社方面へ)
東京メトロ副都心線「西早稲田駅」下車徒歩10分(2番出口)
https://tocon-lab.com/access

●チケット料金
一般 4,000円
U-25歳 2,500円
ペア券 7,000円(同一公演、2名同時予約のみ適用)
学生証あり 1,500円

●チケット予約フォーム(9月17日(日)より)
https://www.quartet-online.net/ticket/quebec2023
メール予約

itij.quebec@gmail.com

①お名前②日時③枚数をご記入ください。

主催:公益社団法人国際演劇協会日本センター
後援:ケベック州政府在日事務所、BS10 スターチャンネル
協力:CEAD Centre des auteurs dramatiques(劇作家センター、モントリオール)

2022.10.12.up

宝物チラシ表.jpg
宝物チラシ裏.jpg

山上優 出演情報

シアターΧ創立30周年記念

「オルガ・トカルチュクの『宝物』」

オルガ・トカルチュク 2018年度ノーベル文学賞受賞

ポーランドを代表する現代女性作家による唯一の戯曲 日本初演
シアターXカイ創立30周年

【出演者】

安藤繭子

片平光彦
山上優

有馬眞胤
宇佐美雅司

みつかよしあき
酒詰野百合

初芝かやの
船引菜那

ファブリツィオ・ロッキ

【スタッフ】

原作:オルガ・トカルチュク

翻訳:つかだみちこ

演出・美術:井田邦明(イタリア)

音楽:高木耀子

【チケット申込フォーム】

1,000円(全席自由)

https://forms.gle/5CXcnBD5dPyKqCyX8

【公演日程】

2022年

10月19日(水)19時〜

10月20日()19時〜

10月21日()14時〜

10月22日()14時〜

10月23日()14時〜

【公演会場】

シアターX(東京・両国)

【公演HP】

オルガ・トカルチュクの『宝物』

bottom of page